高速道路を走るならこのカードで決まり!
今なら、ご入会キャンペーン期間中につき、
もれなくショッピングポイント2,000ポイントプレゼント中!

このポイントは、電子マネー「Edy」のほかに、なんと!高速代にも交換できます。

→プレミアムドライバーズカードについて詳しく!
※2,000ポイントプレゼントキャンペーンは、2009年6月30日お申込み分までとなります。
→ 延長しました。2009年10月31日(土)まで

2,000ポイントを高速代に交換すれば、2,000円分の高速代としてご利用いただけますので、土日祝日の高速代「1,000円」を活用して、旅行だって行けちゃいます!


電子マネー「Edy」にも1,000ポイント=1,000円単位で交換できますので
いつものお買物に、とても便利です!
☆しかも、ポイント交換したEdyを使っても、ショッピングポイントが貯まるんです。
 (「Edy」のクレジットチャージでもポイントが貯まるスグレものです!)

年会費は初年度無料!しかも!次年度以降も、年1回のご利用があれば、
翌年の年会費は無料となるので、使っていれば、年会費は実質「無料」です!


↓お申し込みはこちらから↓

ETC車載器無料0円のチャンス

| コメント(0) | トラックバック(0)
2009年7月10日(金)スタートしたJCBドライバーズプラス(ゴールドカード)の新規入会キャンペーン、このキャンペーンでなんとETC車載器無料0円でプレゼント!

  • JCBドライバーズプラス(ゴールドカード)新規入会で、
    ETC車載器が無料&10,500円のキャッシュバック
  • 限定1,800台の数量限定のため、なくなり次第終了
    申込みはどうぞお早めに!

JCBドライバーズプラスカード(ゴールド)からのうれしいキャンペーンのご案内です。

2009年10月31日(土)までにJCBドライバーズプラスカード(ゴールド)が発行された方に、ETC車載器を無料でプレゼント。車両の情報を登録するセットアップ費用、送料は無料です。ただし、ETC車載器の取付費用は自己負担となりますので、ご注意を。

今年の春頃にも同様のキャンペーンがありましたが、申込みが殺到し、キャンペーン期間内に早期終了してしまいました。

今回は、1,800台の数量限定のため、なくなり次第、終了します。早期終了が予想されますので、申込みはどうぞお早めに

また、通常10,500円の年会費も、携帯電話の支払いに設定し、2010年1月15日までに合計20万円利用すれば、全額キャッシュバックなので、実質年会費は無料になります!

JCBドライバーズプラスカードは、高速道路代金・ガソリンスタンド利用分が最大30%キャッシュバックになる、超おトクなクレジットカードです。是非、この機会にお申し込み下さい!

昨年の8月から下がり続けたガソリン価格が、ついに下げ止まり、値上げに転じたようです。

 ○ ガソリン・軽油価格が反転上昇 給油所・輸送業者は困惑

ただし、ガソリンスタンド間の競争もあるようで、事業者さんもいろいろと困惑している模様です。


 ○ 値下げ競争「局地戦」 野々市の給油所 顧客獲得へ92から95円

ガソリンの価格動向ももちろんですが、ガソリン価格に関係なく、日頃のエコドライブで、環境にやさしい運転を心がけて下さい。


また、ガソリン価格が安いということで、セルフサービスのスタンドを利用されることも多いと思いますが、くれぐれもこのようなことはおやめ下さいね。

 ○ 給油する時に最もやってはいけない行動の写真


本当に危険ですので、このようなことはやめましょう。


昨年の秋に、「東海ファミリーウォーカー 2008年秋号」に取材を受け、「さらに詳しく知りたい!ガソリン節約術」というページの監修をさせていただきました。

ご報告が遅れましたが、もう一度ガソリン代を見直すために、賢いガソリンスタンドの使い方を勉強してください。

どんどん進むガソリンの値上げに頭を抱えている人も多いはずです。手軽に効率良くできるガソリン代節術で思いっきりドライブを楽しもう!


監修●門倉孝二。国家二級自動車整備士と第二種電気工事士の資格を保有。
自動車本体に対する知識に加え、環境問題対策や各種研究・開発など、自動車に関わる様々な分野に精通している。


ガソリンスタンドをお得に利用する5つの方法

[ 上手に給油しよう! ]

ガソリンへの出費を「仕方がない」と諦めていませんか?
自動車を使っていれば、必ず行わなければならない給油ですが、入れ方ひとつで、ガソリン代は削減できます。少しでも節約して出費を抑えましょう!


■ セルフスタンドを利用しよう

ガソリンが一番安いのは、セルフスタンド。給油方法は一見難しそうですが、
意外に簡単。分からなくてもスタッフが丁寧に教えてくれます。


■ 最寄り・立ち寄りスタンドを決めよう!

家の近く、スーパーに行く途中など、ついでに寄れるスタンドを利用して。
無駄な走行が減り「給油するためのガソリン」が削減できます。


■ ガソリンは満タンにしない

満タンにすると、自動車の重量が増えてガソリンを多く消費します。
愛車の「必要最低量」を知って、こまめに少量ずつ給油を行って。


■ クレジットカードを利用しよう

クレジットカードを使うと、ポイントがためられるので現金よりお得。
カードによって、ポイントを様々な特典に変えられます。

 ・参考)ガソリンカードランキング


■ タイヤの空気圧も一緒に見てもらう

空気が抜けたタイヤは地面と接する面積が増加して、摩擦が増します。
スムーズに車を走らせることができなくなり、燃費が悪くなるのです。

ガソリン代の値下げのニュースが続いていますが、先週ついにガソリン代が値上げに転じたとのことです。


■ NY原油50ドル台=1カ月ぶり、中東情勢などで


昨年10月からの値下げが下げ止まった、ということでしょうか?
また、中東の情勢から、今後値上げが続く可能性もあるとのことです。

ただ、世界同時不況で各国の景気が減速しているので、ガソリン需要が急激に増えるわけでもなく、昨年のような原油高、ガソリン高にはつながらないという声もあります。

ガソリンの値上げも確かにイヤなニュースですが、イスラエル・パレスチナで多くの方の命が奪われている戦闘が続いていることも心を痛めます。

早く平和的解決がなされることを祈らずにはいられません。

ガソリン代は高すぎる?節約意識につながった昨年の原油高


こんな面白い記事を見つけました。

○ガソリンが安くなっても、運転頻度は変わらない?(Business Media 誠)


先日来、こちらのブログでも記載していますが、ガソリン代は値下げ続け、一部の店舗では100円を切っています。
が、未だにガソリン代は高い、という意識を皆さんが持っているようです。

記事にもあるように、

 ガソリン代が高くなる → 運転を控える


 ガソリン代が安くなる → 運転を増やす


という簡単な図式ではないようですね。

ガソリン代は確かに下がっていますが、世界的な同時不況で先行きが見えない経済情勢。
まだまだ、お財布のヒモはがっちり締めておきませんと。 

今年はガソリン代が乱高下した1年でした。
この夏のガソリン高騰で車を手放した方も大勢いらっしゃると思いますが、そのせいもあってか、レンタカーが人気だそうです。


○ 年末年始、レンタカーが人気...ガソリン下落で割安感
(YOMIURI ONLINE より)


記事では「マイカー離れ」に触れられていますが、月に数回乗るだけならば、維持費・保険・税金などを考えれば、レンタカーのほうがお得ですよ。

この年末年始も、レンタカーで帰省されている方もいらっしゃると思います。


ガソリン代の高騰がきっかけになって、環境・エコの意識が高まっていくのはいいことですね。

今年も1年、ご愛読ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年も残すところ、あと10日ほど。
2008年もいろいろとありましたが、その中でも象徴的なのが
もちろんガソリン代の乱高下。


リーマンショクに端を発した世界同時不況で、
今は比較的安値水準で推移していますが、
8月頃は、このままでは200円台に行くのでは?というほどの
勢いがありましたよね。

さて、そんなころにYAHOO!知恵袋に面白い相談を見つけました。


・彼女にガソリン代を要求する男性(YAHOO!知恵袋)


このような男性はケチだ、とか、どうかしてると思う、という意見や
価格が高騰しているから・・・というお話よりも、
こういう相談があることが、2008年を象徴していますよね。

10月30日、政府が追加経済対策を決定しました。
世界的な金融不安、景気減速に対応するため、
27兆円規模の対策がとられることになりました。

「生活対策」と名付けられた今回の対策。
家計への支援策として打ち出された主な内容は、

・生活支援定額給付金(仮称)の給付
・子育て応援特別手当の支給
・雇用保険料の引き下げ
・住宅ローン減税延長、税額控除可能額の引き上げ
・証券優遇税制

などなど。
この裏で、最短で3年後に消費税引き上げの可能性が示唆されており、
一見いいことづくしな対策案にも、消極的な見方が出ています。

これらの経済対策の中で、歓迎する声が多かったのが
高速道路料金の引き下げです。
「車離れ」が進む中、旅行会社や観光地は苦しい状況にありましたが、
ここのところのガソリン価格下落と高速道路料金引き下げの相乗効果で、
巻き返しに期待がかかっています。

運輸・物流業界からも歓迎の声が多い一方、
「ありがたいけれど、高速道路より影響が大きい
ガソリン代の政策的な引き下げを検討してほしい」、との声も。

ガソリンにかかる税金は、
ガソリン税の上にさらに消費税がかかる「二重課税」状態となっており、
このあたりの改善も、この機会にこそ・・・と願う次第です。

原油価格が急激に下がり、ガソリンの店頭価格も下がっています。
10月29日、石油情報センターがまとめた調査によると、
10月27日時点のレギュラーガソリン店頭価格は、
全国平均で、1リットルあたり151.3円。

ガソリン価格が下がるのは、これで12週連続。
151円台まで下がるのは、
暫定税率が執行した4月を除けば、約8ヶ月ぶりです。
今年8月初めの最高値185.1円に比べると、
313.8円、約18%の大幅安。
首都圏などの販売激戦区では、既に130円台が中心になっているとか。

ガソリン価格だけを見れば嬉しいニュースなのですが、
世界的な経済不安の真っ只中にある今、
諸手をあげて喜べないのが正直なところです。

ホンダは低公害型クリーンディーゼル車の投入計画の見直しを行い、
当初2009年に日本とアメリカで発売する予定だったのが、
2010年以降に先送りとなりました。
排ガスの浄化に使う触媒のコストが高く、
車体価格を引き下げることが難しいという要因から、とのこと。

世界経済の変調により、低価格車への注目が高まっており、
ガソリン車との価格差を縮められない限り、
発売後の良い結果は望めない、ということと、
現状、以前に比べてガソリンと軽油の価格差が縮小しているため、
ディーゼル車の経済性が訴えにくくなっているようです。

ホンダの決断を外から見ると、経済の変調が一時的に
エコカーの発展にストップをかけた形になってしまいましたが、
中長期的にディーゼル車の需要は拡大することを予測し、
さらなる低コスト化を目指して開発が進められます。

今はガソリン価格の低下を前向きに捉えて、
コツコツ楽しく節約しつつ、乗り越えていきましょう!

ガソリン節約ブログについて

ガソリン節約方法、エコドライブ、車のメンテナンスetc... ガソリンと車の問題、そして最新のガソリン・車情報をお届けさせていただきます。
[監修] 自動車整備士 門倉孝二氏
[関連サイト]ガソリン代 節約術  ガソリンカードランキング

最近のコメント